これだけは持参して欲しい登山に必要な道具

登山をするには登山道具を持っていかなければなりません。
これだけは持参して欲しいという物を紹介したいと思います。

折りたたみ傘

これはアルピニストにとっては定番中の定番になっています。
荷物としてはかさばらない上にいつ何時雨が降っても雨を防いでくれます。

コンパス

奥に進めば進むほど方向感覚が失われてしまうでしょう。
方向感覚を失ってしまえば自宅には二度と帰ることが出来ないかもしれません。
自分の通ってきたルートに目印を残しておくことも可能ですが、この作業は少々面倒くさいです。
コンパスならば折りたたみ傘同様に手軽に持ち運びが可能になっています。
なので道に迷うことも十分に視野に入れた上で持参していきましょうね。

地図

自分の現在地を知るために持っていく必要があるのです。
まさに登山をする際の必需品と言っても良いかもしれないです。

食べ物も持っていくことで、より心強くなります。
ですが、あまりに沢山ですと嵩張りますので限定しないといけません。

おやつ

おやつはなるべく腹持ちが良いものを持っていくと良いです。
ポテトチップスやミルクチョコレート・カールがお勧めです。

非常食

なるべく高カロリーの物がお勧めなんですよ。
インスタントラーメンやレトルトカレーなどを持参して下さい。

上手く避難する方法(登山での災害)

登山による災害は年々増えてきています。
一番多い災害は落雷でしょうか。

他にも大雨による災害があります。
小降り程度の雨ならば関係ないのですが大雨になれば川は氾濫して流されてしまうことでしょう。
このように自然による災害は非常に怖いのです。
なので登山をする時は気候を確認してから登る事をお勧めします。

もし登山中に落雷などに遭う可能性があれば、すぐに引き返して中止しましょうね。
もし続行したいのであれば上手く避難する方法を災害別に紹介したいと思います。

落雷

落雷が起こると良く木の下に逃げ込む人が居ますが木の下には絶対避難してはいけません。
頑丈な小屋があれば、そこに逃げ込んでください。

大雨

大雨になって川が氾濫していればなるべく川の近くを歩かないことをお勧めします。

いかがでしょうか?災害に遭わないためにも先に述べた事柄を守って行動する必要があるのです。
これからは益々登山者が増えていくはずです。
決して自分は大丈夫というような安易な考えは抱いてはいけません。

もっと言えば携帯電話を持って行動すれば良いです。
携帯電話を持っていれば災害が近づいているという速報をキャッチすることが出来ますので、持っていないよりは素早く避難場所を確保することが出来ます。
落雷や大雨が一日中続くとい可能性もありますので寝袋を持参するのも良いのかもしれませんね。

インターネットで調べておく(登山での心得)

ここでは登山の心得を紹介したいと思います。
これから山に登る際に必要になってきますので、是非参考にして下さい。

山選び

登山は何と言ってもここから始まると思います。
あまりにも高い山ですと体力的にもきついものがありますので、なるべく低い山を選ぶようにして下さい。

傾斜を事前に調べて置く

自分が登れそうな山を選んだならば次はその山についての傾斜をインターネットで調べておきましょう。
何故ならば、もし傾斜がきつかったら捻挫をしてしまう可能性があります。
捻挫をしてしまうと動けなくなってしまい、やがて命を落としてしまうかもしれないのです。
そのようなことが十分に考えられますので予めインターネットで調べておく必要があるのです。

持ち物

さぁ、山に登る準備が出来ました。
しかしまだ不十分です。
それは登山に持っていくものをしっかりと選別しましょうね。
携帯電話と非常食は持っていく必要があります。

携帯電話は、もしもの時に誰かに助けを呼べますので非常に便利なツールとして重宝されています。
他にも沢山の機能がありますので、きっと自分の役に立つアプリが見つけられる事でしょう。

続いて非常食なのですが、やはり気候の変化によって体力が徐々に奪われていきますのでカロリーの高い食べ物を持ち歩くことは必須なのかもしれません。

他にも色々必需品はありますが携帯電話と非常食を持っていけば、まず間違いないです。

 

登山の注意